2020年07月11日

ヤマハ、川上源一氏

ギリシャ音楽祭へ行くときに、合歓の郷の野外ステージで川上源一氏の指示で、二人だけのマイクなしの声のオーディション。ギリシャから、日本に帰り何度もお会いする機会があり、いつも音楽について熱く語られていました。ビアノがどういう形で製造されていくのか、歌の歌い方、これからアマチュアの才能のあるアーティストをどうやって育てていくか、など沢山お話しして下さいました。私は、ヤマハの合歓の郷では、あの時代のヤマハポピュラーソングコンテストにもヤマハの作品を一杯歌わせて頂き、香港のトムリーピアノcompanyのイベントにも。川上源一氏は、会社ではワンマンの大変な方のようでしたが、このあと私は長い闘病生活、病院に励ましのIMG_20200711_141159.jpgIMG_20200711_011134.jpgお花をずっと送って下さる優しい方でした。お母様が私と同じ病気になられたようで、だからしっかり病気と闘いなさいと。。私が元気になったら、今度は川上氏が病気で倒れられました。今でも感謝で胸が一杯になります。IMG_20200711_141245.jpg本当に音楽に情熱を注がれた方です。心から尊敬します。
posted by hiroko at 18:31| Comment(0) | 日記

姫路市文化国際交流財団、振興課のイベント

このイベントは前回は、一昨年に中国古筝奏者のウーファンさんと参加させて頂きましたが。今、このコロナの影響でほとんど、営業、ライブ、コンサートできずにいますが、姫路市文化国際交流財団の振興課の主催で、音楽イベントあるようです。10月25日に、キャスパホールにて、歌わせて頂けるようですが。かなり会場も密にならないようにしたいと。キャパの半分のお客様入場になるようですが。(姫路ミュージックストリート)が、(ふらっとお散歩コンサート)とイベントタイトル変わります。今、プログラムを考えています。皆様宜しくお願い致します。IMG_20200711_172401.jpg
posted by hiroko at 17:39| Comment(0) | 日記

ギリシャ音楽祭からヤマハの世界歌謡祭へ

本番の音楽祭まで7日間あり、観光もあったのですが。本番終わるまで落ち着かず確か色々な場所探して練習していました。37ヶ国の出場者で、沢山写真を撮ったのですが。何枚かアテネの町を背景にありました。このあと日本に戻り、ヤマハの仕事を沢山させて頂きました。何より、帰りのファーストクラスの飛行機の中で、社長の川上源一氏は、今年の秋に世界歌謡祭をやりますと言われてビックリでした。ヘドバとダビデのナオミの夢、中島みゆきさんの時代、と続きグランプリを取り大ヒット。大きな音楽の歴史を現実に見ること聞くことができ幸せでした。IMG_20200711_013921.jpgIMG_20200711_014340.jpgIMG_20200711_014824.jpg
IMG_20200711_014303.jpg
posted by hiroko at 02:38| Comment(0) | 日記

ヤマハとギリシャ音楽祭

ギリシャ音楽祭へのデモテープを提出するのに歌を録音したいと依頼があり、歌入れしたあとに、オーディションがありギリシャ音楽祭に出場も決まってしまいました。本当にラッキーでした。作品がヤマハのエレクトーンの先生の作曲で、ヤマハの4代目社長の川上源一氏と服部正氏が同行され。ずっと緊張のままギリシャに。オリンビアードスタジオ7万人のお客様の前で歌いましたが。初めての海外旅行がこの音楽祭でした。忘れる事のできない思い出です。
IMG_20200711_012049.jpgIMG_20200711_012457.jpgIMG_20200711_012615.jpgIMG_20200711_013659.jpg
posted by hiroko at 02:07| Comment(0) | 日記